スマートファルコン

スマートファルコン(英:Smart Falcon、香:醒目飛鷹)は、日本の競走馬である。 馬名は冠名の「スマート」と英語で隼を意味する「ファルコン」が由来となっている。おもな勝ち鞍は東京大賞典(2010年、2011年)、帝王賞(2011年)、JBCクラシック(2010年、2011年)、川崎記念(2012年)など。半兄には東京大賞典(1999年)優勝馬のワールドクリーク(父マジックミラー)がいる。2010年・2011年度NARグランプリダートグレード競走特別賞を受賞。 逃げ脚質からの圧勝、鞍上・武豊の姿を重ねて「砂のサイレンススズカ」とも呼ばれる。 Wikipedia (JA)